西東京市・保谷 保谷駅すぐの歯科・歯医者 いくたま歯科医院|噛み合わせ インプラント 審美 歯周病
トップページ

生活習慣から口腔環境を変えよう
生活習慣から見直す口腔環境
一般歯科・小児歯科
歯周病・予防歯科
インプラント・審美歯科
噛み合わせ治療

医院案内
院長・スタッフ紹介
医院概要
院長の一言

予防歯科・歯周病予防指導
モバイルサイト


保谷 噛み合わせ インプラント 審美歯科 歯周病 西東京市

西東京市の保谷駅近くにある いくたま歯科医院では、
口腔内をそれだけで考えず、全身状態との関連も視野に入れて
診療に当たっております。

また、歯周病、インプラント、審美歯科、噛み合わせ治療にも
力を入れております。

気になることがございましたらどうぞ当院までお気軽にご相談ください。

【リンク】
生活習慣から見直す口腔環境  一般歯科  小児歯科  歯周病・予防歯科
インプラント  審美歯科  噛み合わせ治療

生活習慣から見直す口腔環境

健康な体は健全な生活習慣から
いくたま歯科医院では、先天的疾患以外は多くが生活習慣病と考えています。

我々開業歯科医が治す歯科疾患もその中に入るものですが、生活習慣に起因する病ということは 生活習慣を改めれば治る・改善するということです。生活習慣病は治療だけでなく、患者様自身の 生活習慣を改める自助努力も必要不可欠な要素となります。

口腔周囲の状態が悪くなるということは全身にも影響し、いずれ何らかの全身症状が現れる可能性があるという警告です。
生活習慣から見直す口腔環境
【記事続き】生活習慣から見直す口腔環境
今は良くても、数年後に最近流行語にもなっているメタボリック症候群をはじめ、肝臓病・腎臓病・糖尿病・動脈硬化・ そして癌を引き起こすことにもなりかねません。なってからでは遅いのです。

歯科は一番身近な医療機関ですので、患者様の健康状態について生活習慣や全身的な問題点をアドバイスし、 治療することによって歯科疾患はもとより医科的な疾患も改善できる可能性があります。
いくたま歯科医院のスタッフはそういった全身的な健康を目指して日々勉強しています。


腸内細菌という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、口腔内にも口腔内細菌が多数存在し、 生活態度や食生活が乱れると口腔内細菌のバランスも崩れて、大人子供を問わず虫歯や歯周病に なりやすくなります。

いくたま歯科医院の診療は将来の全身を考えて今をどう生活したらよいかを一緒に考えながら 口腔内を治療するそんな歯医者です。

歯科の2大疾患「虫歯」と「歯周病」を改善する!
虫歯と歯周病の共通の原因として、生活習慣病の側面が大きいです。 「虫歯」も「歯周病」も普段の生活習慣を変えていけばかなり予防できる疾患なのです。
当院では歯科疾患の予防に関する生活習慣のポイントは大きく3つと考えます。そして、来院していただいている患者さんにはほとんどすべての人にこの内容をお話しています。
当院は歯科医院ですが、その内容は口の中だけのものではなく、全身の健康を獲得する必要最小限の生活習慣の話です。
まず1つを、ホームページで紹介します。
水分を摂っていますか?
水を飲む 人の体には乳幼児で70%以上、大人でもだいたい60%程度の水分が存在します。その水分が円滑に体を巡っているおかげで我々は健康に生きていられます。
では、水分が体から抜けていくとどうなるでしょう。
人の体で一番大切なことはなんでしょうか? それは生命を維持するという事です。そのために我々の脳が全身くまなく監視し、指令を出して体をコントロールしています。

水分が少なくなると当然生命維持に必要な場所に水分が移動します。そうなると口の中では唾液が出にくくなります。唾液は口腔内の恒常性を保つうえで必要不可欠、最強の液体です。唾液が少なくなると殺菌力が衰え粘膜は炎症を起こしやすくなります。
その結果、虫歯菌や歯周病菌が増えますから・・・あとはわかりますよね!
胃腸の消化液なども出が悪くなることが予想されます。便秘、消化不良、等の症状が起こり得ます・・・。

もちろん虫歯・歯周病の原因は他にも多々ありますが、基本的な考え方の1つです。
歯ブラシ・歯磨きという言葉は出てきませんでしたが、日本という文明国家に生まれた我々にとって歯磨きは基本的な生活習慣です。1日のリズムを作るうえでも大切な事ですから、朝晩の歯ブラシはきちんと行いましょう。

当院の歯周病治療の詳細はこちら>>

鼻呼吸にして体質を改善する!
口呼吸から鼻呼吸へ改善することは、あらゆる病気の原因治療につながります。
口呼吸がもたらす最大の弊害は、咽頭リンパ組織の乱れや鼻粘膜などの萎縮、口腔内雑菌の繁殖によって引き起こされる免疫異常です。
当院は、鼻呼吸ができるようになるため「あいうべ」体操をおすすめしています。
生活習慣から見直す口腔環境
「あいうべ」体操で効果のあった症状・病気など(一部)
・アレルギー性疾患
花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、慢性じんましんなど
・リウマチ、膠原病疾患
関節リウマチ、全身性ループスエリテマトーデス、強皮症、尋常性乾癬、多発筋炎など
・消化器疾患
慢性胃炎、痔疾、潰瘍性大腸炎、クローン病、便秘症、腸閉塞、過敏性腸症候群など
・精神的疾患
うつ病、パニック障害、不眠症など
(参照元:みらいクリニックWEBサイト

「あいうべ体操」をしっかり継続している人は、自然に鼻で呼吸ができるようになり、症状もおもしろいように改善していきます。診療の際にも、アドバイスをさせて頂きます。

「あいうべ」体操で効果のあった症状・病気など(続き)

【リンク先】
一般歯科・小児歯科
一般歯科・小児歯科 一本の歯の大切さ・丁寧な治療・出来るだけ審美的な治療。

歯医者としての基本的な分野ですが、かなりの経験と技術を伴うケースもあります。 ここでの治療が不十分だったために数年後になって再治療・抜歯をしなければいけないといった状況に 追い込まれることもしばしばです。

いくたま歯科医院ではそのようなことが無いように一本一本を丁寧に治療し、調和の取れた口腔内に 仕上げていきます。
【記事続き】一般歯科・小児歯科
小児歯科
小児歯科では、成長期のお子様に対しての虫歯の治療だけでなく、全身的な健康を妨げる要素があるかないか、食生活は健全かといったことをご両親と話しながらご指導いたします。

●お子様には、虫歯にならないための、食生活習慣を身に付ける事がとても大切です。
虫歯菌を減らす為、虫歯にならない為、正しい歯の磨き方・食事に関するアドバイスも、お話することが多いです。虫歯になりにくい食事や、正しい歯磨きの習慣をしっかり身に付けましょう。

当院では、西東京市の下記の健診が受診できます。
・1歳6か月児健康診査:
【内容】歯科健康診査、歯みがき相談など
・5歳児歯科健康診査:
【内容】歯科健診、相談、保護者および対象児に対する歯科保健指導、フッ化物塗布
・成人歯科健康診査
・妊婦歯科健診

対象者は、無料で受診できます。是非この機会にご利用下さい。

●永久歯への交換期には、歯並びも気になります。
問題のあるお子様には矯正治療をお勧めいたします。いくたま歯科医院では矯正治療は行っておりませんので、ご紹介させていただいております。

当院の取り組み

院内感染防止対策
人が集まる場所には一番大切なことです。

*

*
*
*
歯科医院として当たり前の器具消毒はオートクレーブ滅菌・グルタルアルデヒド消毒・高濃度殺菌水消毒などを器具に合わせて使用し万全を期しております。
殺菌水を診療に使用し、診療と同時に殺菌消毒が実現しております。
患者様ごとの高濃度殺菌水によるユニット周りの消毒を行っています。
待合室における高濃度殺菌水の散布(空気乾燥時)をおこなっています。

上記のとおり、安心して治療を行える消毒システムを取り入れています。

殺菌水について: 当院は歯科治療水安全認定の施設です
株式会社エピオス製の殺菌水生成機を使用し、各診療ユニット及び消毒コーナーなどに殺菌水【弱酸性次亜塩素酸水(20ppm HClO)】を流しております。
また、アルカリ領域に設定した高濃度殺菌水(500ppm)を治療・消毒に使用しております。次亜塩素酸は殺菌消毒効果が非常に高く、どんな化学薬品よりも効果がありますが、人体に対しての副作用はいまだ報告がありません。
歯科治療水安全認定施設の詳しくはこちら>>
(POIC研究会ホームページ)

いくたま歯科医院に初めて来院された患者様に最初に行うのが血圧測定です。
いくたま歯科医院に初めて来院された患者様に最初に行うのが血圧測定です。
ただの血圧測定ではなく、東洋医学の脈診のテクニックを機械化したもので、血圧の他測定時の全身状態が 把握できるものです。

もちろん、問診など基本的な事項と合わせて、口腔内を口腔内だけでとらえることなく、全身的な健康がゴールに なるようにスタッフ全員が患者様のために手を尽くしております。

←実際に使用している血圧測定器
医者のライフは…
医者のライフは、生命を意味する。歯医者のライフは、生活を表す。
という言葉があります。
皆様に健康で快適な生活を過ごして頂くため
歯科医師として、少しでもお力になりたいと思っております。

ページトップへ

COPYRIGHT(C)2009 保谷・保谷駅 歯医者 いくたま歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.